国際収支統計とは何かと言うと

*** PR ***

  • 今日は為替取引における基本内容のお話をしたいと思います。

    為替市場とは「自分がお金の送金をしなくてもお金の受け渡しの目的を実現する取引」です。

    普通為替の市場といえばほとんど外為を表すというケースが多いです。

    国際為替といえば二国間の貨幣の引き換えのことを指します。

    他国へ旅行(シンガポール、韓国、ベトナム、アメリカなど)などしたことがあれば、おそらく国際為替の体験があるはずです。

    銀行の窓口に行って外国のお金へと換金すればそれがまさに国際為替という事になります。

    為替の相場とは何かと言うと、買おうと思っている人と売り手の価格を言うものです。

    銀行間のやり取りによって決定されます。

    それはマーケットメイカーと呼ばれる世界中で指定されたいくつかの銀行なのです。

    為替レートはいろんな力を受けてもなお引き続き徐々に変化して行きます。

    為替相場を変動させて行く要因になるのは、ファンダメンタルズというものが言われます。

    ファンダメンタルズというのは経済動向、経済の基礎や様々な要因のことを表します。

    経済の上昇や景気の状態、物価指数、金融政策、国際収支、失業率、要人発言などの要素が影響して為替相場は変化し続けます。

    中でも国際収支と失業率は影響力が大きいと思われます。

    国際収支統計とは何かと言うと、日本では財務省の用命で日銀が日本外国貿易統計を使って取りまとめた外国とのある時期の売買を書いたものです。

    経常収支は行政機関や日本銀行のホームページの中で見ることができます。

    就職者の統計、失業者数も影響を与えることが多い要因なのです。

    中でもアメリカの雇用者の統計は重要視されます。

    毎月公にされ調査内容が広範な点が特徴です。

    為替のレートの変動は経済活動の変化を示しているのです。

    国の経済の推移を検証することによって為替の相場の推移の先読みが可能となると言えます。