得た状況でのエントリー回数

*** PR ***

  • PCの前に座ってリアルタイムで変化している為替相場を見てしまうと、すぐに売り買いをしたくなるという感情に追い立てられる場面も多いと思います。

    だがしかし、不確かな考えで売買するのだけは、断じてしてはいけません。

    事実、マーケットは終日、外国為替相場は動いているし、マーケットもどういう時でも変動している。

    とは言っても、頻繁にトレードを重ねていると、それだけ損失が生じる危険性が高くなってしまいます。

    無論、エントリーの数を経験することによって、じょじょに稼げる可能性が半々になるのは周知の通りです。

    でもその事は「なんとなく直感でエントリー」とは別問題です。

    エントリー回数を重ねる意味というのは、自分で「ここは!」と考え付いたチャンスを得た状況でのエントリー回数を重ねるという意味である。

    何となく、絶え間なく売買を積むのとは全く違います。

    マーケットの駆け引きに勝利するためには、自らメリハリをつけることが不可欠です。

    「ここだ!」と考えた外国為替相場の時には所持ポジションを増やして、意識して儲けを追求します。

    「明らかに頭をかかえるマーケットで、どう上げ下げするのかわからないな」と思った時は、売買ポジションをひとつ残らず閉じて何もしない。

    これぐらいのけじめをつけた方が最終的にはエントリーは勝てます。

    市場の格言には「休むも相場」という言葉があります。

    文字通り言葉どおりだと思います。

    取引とはいつでも売買ポジションを保有する事が大切ではなく、どの売買ポジションも所有せず何もしないことも、外国為替相場です。

    それならば、どういった時に、休むべきなのでしょうか。

    ひとつは、先に述べたように、これからの外国為替相場が今ひとつよく見えない時。

    高くなるのか安くなるのか見通せない時は、ヘタに動くと、自身で書いた台本とは違った方向に外国為替相場が変動してしまい損をする事になります。

    こんな時はポジションを諦めそのまま何もしないで見ているだけがいいだろう。

    次に、自分の体の具合がすぐれない時です。

    コンディションと相場に関係がない思う人もいると思いますが実際にはかなりつながりがあります。

    体調がすぐれなければ、外国為替市場の大事な状況で正しい決定ができない。

    気分が進まない時はFXから距離を置くことも肝心な事です。